環境保護方針 Environment

製造工程を見直し、高効率、省エネ、廃棄削減を推進

環境保護方針

1.アルミ押出形材を切断後の端材と切粉の処理

アルミフレームを製作する際、材料となるアルミ押出し形材の端材と切粉が発生します。
当社ではこれら全てを専門業者に引き渡し、溶解後、鋳造用アルミ原材料としてリサイクルしています。

これまでアルミニウムは「電気の缶詰」と言われるほど、製造時に大量の電力を消費することが指摘されてきました。しかしこれはあくまでもアルミナを電解して新地金を作った場合で、一度その製品寿命を終えた廃品くずを溶かし直して再生した場合、その生産に必要なエネルギー量は新地金生産の際の1/27、つまりわずか3.7%に過ぎません。新地金を作るよりもはるかに少ないエネルギーで、しかも資源の有効利用が出来るのです。

端材

切粉

2.消費電力の削減

ページ先頭へ