環境保護方針 Environment

太陽光発電
製造工程を見直し、高効率、省エネ、廃棄削減を推進

環境保護方針

5.夏季、冬季の節電対策

冬季

冬の節電対策(実施期間平成23年12月16日〜平成24年3月15日)

1.勤務時間の短縮 8:30〜17:30
2.暖房器具の使用をなるべく控える
3.夏季の項目を可能な限り実施

削減率、1月:22% 2月:28% 3月:20%
昼間のピーク時の消費電力を抑制し、同期間の消費電力を対前年比24%削減することが出来ました。

 

夏季

サマータイム制の導入

この度の東日本大震災の影響に伴う電力不足が社会的課題となっている昨今、弊社では平成23年6月16日から9月15日までの期間、節電対策として「サマータイム制」を導入いたしました。
実施内容は始業・終業時間を1時間繰り上げる、空調・照明の稼動時間を限定する。残業は早朝出勤で済ませる等の内容で行いました。
結果、昼間のピーク時の消費電力を抑制し、同期間の消費電力を対前年比24%削減することが出来ました。
又、この間の進歩状態は社員一人一人が管理することにより意識改善が促進し、作業効率が上がり残業を削減することにつながりました。


 
太陽光発電→

ページ先頭へ